巷で話題のnlpとは|コミュニケーション向上化計画

文房具と本

学校で違うが昇進に有利

男の人

昇進や給料アップが可能

会社で評価を得るためには、かつては年功序列の流れに乗る必要がありました。つまりはコツコツ働く必要がありました。欧米では年齢や経験年数より、実力が重視される風土があります。若くても能力があればどんどん昇進ができ、給料もアップできます。日本の企業でも成果主義が広まりつつあります。MBAを取得したとき、かつて日本の経済界では一部の企業から評価される程度の認識でした。しかし最近は大きく変わっています。取得者を評価する基準などが制定され、昇進や給料アップが可能になりつつあります。優秀な社員を選抜して海外に派遣する会社であったり、MBA取得者がヘッドハンティングされるケースもあります。もちろん取得しているだけでなく、一定の能力も必要です。

学校による差はある

大学にはそれぞれ入学難易度があります。日本であれば偏差値で示されるでしょう。難易度が高いから必ずしもいい教育が受けられるわけではないですが、優秀な学生が集まっているのは事実でしょう。それなりにいい人脈を築くことが可能です。MBAは、海外の大学で取得することが可能です。日本でも一部の大学で取得できます。入学するにはそれなりの試験があり、難易度も異なります。また、授業の内容も異なります。どの大学でもMBAを取得すれば学歴としては残りますが、学校による差があるのは事実です。評価を受ける場合、どの大学で取得したかが問われる場合もあります。海外の大学なら評価を受けやすいですし、日本の大学だと少し下がる場合もあるでしょう。